2017年03月 / 08月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.07 (Thu)

「ニコニコできるトランスを作ってみた」が発売延期の件 (修正)

「みくみく」などが含まれたニコニコ系トランスアルバムが突然延期(無期限?)になっているようです。

オタロードBlog - トランスCD「ニコニコできるトランスを作ってみた」 権利上の理由から発売禁止→商品回収へ
「本CDはニコニコ動画とは関係ありません」のシールが貼られたトランスCD 「ニコニコできるトランスを作ってみた」[AA]が2月5日に販売開始となったけど、 正式発売日の2月6日には商品回収案内が各店に送られ、発売禁止状態になったみたい。

ショップに掲示されている案内によると、回収理由は「権利上の都合」とのこと。

「権利上の理由」から回収とのことです。

「ニコニコできるトランスを作ってみた」、突然の発売延期 - ITmedia News
音楽配信サイト「mora」や「iTunes Store」では同アルバムの楽曲データを販売中。ただ、CDの16曲のうち「GO MY WAY!!」「エージェント夜を往く」の2曲を省いた14曲だけが配信されている

アイマスの2曲を除いてmoraで配信となったようでした。(その後全面的に停止しています)

【音楽】2月6日に発売予定の『ニコニコできるトランスを作ってみた』が権利上の問題で急遽発売中止に!
202 :名無しさん@恐縮です:2008/02/07(木) 13:00:49 ID:oJiVcgrZ0
今回のこの件はドワンゴは全く関係無い立場だよ

別の会社が勝手にニコニコを利用してやっただけ。
おそらくJASRACに金払っただけで、
・非JASRAC信託楽曲の使用許可
・楽曲のアレンジの許可
を取っていなかったせいと思われる。

そもそも、前に取り上げたときも胡散臭く感じていたわけですが、初音ミクをMicHとか鏡音リンをRinKとかイニシャルにしても一次創作を翻案した二次創作であるのは間違いないわけで、通用しないと思います。
また、「本CDはニコニコ動画とは関係ありません」とか書いても選曲上無理があります。
そして、トドメはJASRAC未登録のアイマス楽曲二曲。
つまり、うまくいくわけがないCDだったようですね。

アイマスの楽曲もビデオ・CM・ゲーム・配信の権利が信託されていないだけで、JASRACに登録されているようです。「楽曲のアレンジの許可」というのを取れなかったというのが理由なのかもしれません。
コメントのfoxtrot氏のご指摘によれば、この許可は予めとったりはしないもののようです。
あくまでも推測ですが、バンナムが許可しなかったというのが直接の回収の理由として自然です。その後、完全に公式ページが抹消されたところ見ると、全面的に駄目ということになったのかもしれません。

最初にこのエントリをおこしたとき、moraはダウンロード販売してましたが、既に配信停止のようです。

この作品は配信期間外、または何らかの理由により現在配信されておりません。
誠に申し訳ありませんが、ご了承下さい。


(15:50 初稿)
(20:00 まとめ追記・編集。誤りが含まれていました)
(20:35 修正)
(2/8 23:50 コメントの指摘をうけて結論部分を修正しました)


関連エントリ:
「ニコニコできるトランスを作ってみた」の延期は「CDジャケットの問題」
ニコニコトランス 「ニコニコできるトランスを作ってみた」(ミクとリンも参加の模様)、そして「キタノクニカラ」
「キタノクニカラ」も二月上旬になっていますね。
スポンサーサイト

テーマ : 初音ミク ジャンル : 音楽

Edit  |  20:35  |  日記  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

*Comment

いかに君が「情報に躍らされている」というのがよく分かるエントリだな。
極端な話、JASRAC管理下の曲であれば権利者に許可を取らなくてもJASRACに申請さえすればアレンジすることができてしまう。当然、常識で考えるならば権利者に許可を取ってからアレンジするのは問題ないが、こういう系統のものは大抵許可を取っていない場合が多い。
その良い例がPE'Zの「大地讃頌」のアレンジに作曲者がクレームを付けて発売中止になった、というケースだ。リリースされてから作曲者からクレームがきたということは事前に権利者に話が行き渡っていない事を指している。
なので、大抵はよほどのひどい出来でない限り(正直ひどい出来ではあるがw)JASRACに通していれば問題はないはずなのだが、噂ではJASRACに通していなかったという理由から発売中止になったのでは?というのもある。もっともこれは現物をみてみないことにははっきりとは言えない話だが。

すまんな、長話して。
ただ、情報はスピードが命だからといってホイホイろくに確認しないで真実であるかのごとく垂れ流すべきではない、と言いたかっただけだ。
foxtrot |  2008.02.08(金) 16:38 |  URL |  【コメント編集】

ご指摘ありがとうございます。
後ほどもう少し調べて本文に反映させていただきます。
推測の部分を真実のように書いてるつもりはないのですが、今後未確定の部分はもう少し分かるようにしますね。
まーびー |  2008.02.08(金) 17:02 |  URL |  【コメント編集】

■ご指摘内容ですが

アレンジは同一性保持権の侵害なのでJASRACの信託される権利の範疇外です。「大地讃頌」もこの点で訴えられていました。どのような変更されるか分からないのに勝手に許可は出せないと思います。

>原曲にアレンジをつける場合は、まずアレンジすることについて原著作権
>者(作家またはオリジナル・パブリッシャー)に許諾をとる必要があります。
http://www.jasrac.or.jp/intl/contract/faq.html

というわけでこの認識は誤りです。
>JASRAC管理下の曲であれば権利者に許可を取らなくてもJASRACに申請さえすればアレンジすることができてしまう。

少なくても音楽出版社の許可が必要なはずです。楽曲の出来がよくても、むしろよいほうがキャラクター戦略的に不許可ということもあるかもしれません。
しかし、例によって音楽業界の慣習により許可をとらずに独断専行するものというわけですね。たしかにそこを論点にしても仕方がないのかもしれません。
その点とあくまでも推測であることを加えて修正します。

ご期待された内容ではないかもしれませんが、以上が理由です。
今後ともよろしくお願いします。
まーびー |  2008.02.08(金) 23:36 |  URL |  【コメント編集】

残念だな。
俺は既に君の指摘している点においては

>当然、常識で考えるならば権利者に許可を取ってからアレンジするのは問題ないが、

と一言で書いている。俺自身そのことについては既に認識済みなので、君の反論はお門違いだ。尤も俺の書き方も悪かったので、強いて言い換えるなら「権利者に許可を取ってからアレンジするのが常識である」と言うところだろうか。この場合の権利者は作詞作曲者もそうだし、管理している出版社でもある。
ま、結果的に君自身がきちんと理解してくれれば問題はないが。

蛇足ではあるが、JASRACに許諾を得ていない云々の話は結果的にデマだった。昨日奇跡的に店頭に並んでいたショップがあったので、そこで確認してみたが、申し訳ないくらいの大きさのJASRACマークが付いていたので、その線については消えたことだけは伝えておく。
foxtrot |  2008.02.09(土) 14:49 |  URL |  【コメント編集】

お気を悪くされたようですが、ここは一応公開されている場なので、読む人向けの説明とお考えください。適法であることを常識と言ってるのかもしれませんが、それは誤解を招くよろしくない表現です。

一応確認しましょう。
たとえば音楽出版社が権利を持ちJASRACに信託するケースではこんな感じです。

著作者:
著作者人格権 (同一性の保持と著作者の名誉のためにあります)

音楽出版者:
翻訳権や編曲権などの翻案権

JASRAC:
著作財産権

JASRACの管理曲ならばJASRACの許可が必要ですが、JASRACには翻案権は信託できないのですから、アレンジにおいては加えて権利者(ここでは音楽出版社)の許諾も必要なのです。
さらに著作者人格権は同一性保持権にも関わっているので、著作者の許諾も必要ですが、音楽出版社のほうで、著作者の著作者人格権の行使に制限の契約を結んでいることが多いと思うので、通常は音楽出版社の許可があればいけるはずです。(しかし権利が喪失されるわけではないので違約によるペナルティを覚悟して著作者人格権を行使するケースはありえます)

著作権法は申告罪ですから、訴えられなければそれで済みます。ですからザルになっている可能性はあります。また、どうせ出来栄えで判断されるのだからと、後回しにするケースも考えられます。しかし、どういう慣習であろうと法的に必要であることは変わりはありません。
それゆえ、申し立てられたら店頭からでも回収しなければならないわけです。

表現はともかく既にご存知のことでしょう。
以上がぼくの理解です。
まーびー |  2008.02.09(土) 15:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

http://merbie.blog57.fc2.com/tb.php/452-a02d3969

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。