2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.12.21 (Fri)

クリプトンとドワンゴの「着うた配信の経緯」説明 (追記の追記)

クリプトンの伊藤社長より、ドワンゴによる着うた無断配信と「みくみくにしてあげる♪」のJASRACへの信託時にアーティスト名に商標が無断使用された件の説明がでました。

着うた配信の経緯:メディアファージ事業部 ブログ
この業界では口頭での許諾でスタートし、契約書は後で取り交わすというのが通例ということらしく、とりあえずドワンゴ社はクリエイター様にダイレクトに連絡を取って、配信OKの確約を集めていた様でした。その上で弊社に着うた独占配信の許諾を迫るわけです。しかし弊社は一社に配信を独占させるということは好ましくないと思っており、この交渉は暫く平行線をたどります。ほどなくして、弊社とドワンゴ社との間に仲介業者が一社入ります。この仲介業者を立てたのは弊社の意志です。それは、製品の開発などで業務負荷が増しておりましたので、ライセンス業務に実績がある会社を間に立てることで独占などの文言を外し、業務を速やかに行うためでした。しかし、間に一社入ることでむしろ契約が煩雑になってしまいました。一方、ドワンゴ社は既に口頭ベースの許諾で楽曲の配信を開始してしまっていたので、結果クリエイター様との契約が延び延びになってしまいました。これは、事務手続きを円滑に管理できなかった弊社にも落ち度があると思います。また業界の慣例に慣れていないことも原因でした(まず契約を交わした後にビジネスを始めるというのが普通と思ってました)。クリエイターの皆様には大変な不安と混乱を与えてしまい大変申し訳ございませんでした。今後は体勢を改めるとともに、クリエイター様には速やかに連絡を取り契約を済まさせていただきます。なお、弊社が行う契約は、着うた配信に限定したものであり、JASRAC等の登録は断じて行いません。従いまして、契約した楽曲がネットで自由に聞けなくなる等の不都合は起こりませんのでご安心ください。


ドワンゴは許諾を渋るとみるや先に配信して出来レースのような承諾を迫るわけですか。
何のための許諾なんでしょう。これでは骨抜きで意味が無いことになります。
ドワンゴの思うがままです。
着うたは基本的に断らないとクリプトンが困るだけのようです。
結局、JASRACへの登録も圧力の一環なわけですね。
誰がそんなの予見できるでしょう。
一般人には理解できないです。

この圧力でしか物事を進められないドワンゴってどうなんですか。


これに対応して、ドワンゴ側も補足という形でコメントを出しています。

ニコニコニュース‐クリプトン社の謝罪に対するコメント

内容をここにコピペする気になりません。

うらなか.net - ドワンゴ、「クリプトン伊藤社長は謝罪していない」と高圧的な姿勢
ちなみに今回のドワンゴの発表、すでに虚偽があることが判明しています。
「着うた配信のお願いはいたしましたが、独占云々といった話は一切行われておりません。」
という記述があるものの、ドワンゴは先月27日に
「初音ミクが歌う着うた・着うたフルを独占配信する」という発表を公式に行っています。

よって今回のドワンゴの発表は、公然と虚偽の内容を発表し、
クリプトン側の名誉を不当に傷つけている可能性も指摘されます。

こんな態度とって何の得があるんだろう、まったくわかりません。
結局、主要株主のavexのやらかした「のまネコ」騒動がなぜあんな大騒ぎになったかまったくわかってないようです。
ネットの炎上の原理、謝罪のあり方、全然勉強不足です。
音楽業界に慣習があるように、ネットにもある種の原理が存在するわけです。
そしてここはネットなのです。音楽業界の慣習だからでは納得する人はいません。
そこを理解しない限りうまくいかないでしょう。
誰も幸せにもニコニコにもなれません。

うらなか.net - ドワンゴが初音ミクの派生キャラクター「弱音ハク」を商標登録?
現在問題となっている「みくみくにしてあげる♪」のドワンゴによるJASRAC登録申請問題および、ドワンゴによる初音ミク楽曲の無許可着うた配信問題とは切り離して考える必要がありますが、ネット上のパブリックドメインを無断で商標登録したとして、今後商標登録が確認されれば、問題として浮上する可能性も考えられます。


こちらはこのままだと本当に「のまネコ」騒動の再来になってしまうかもしれません。


上記引用部にはありませんがJASRACのDBの登録内容は変更されることで合意になりました。

CloseBox and OpenPod > 「初音ミク、JASRACデビュー」取り消し : ITmedia オルタナティブ・ブログ
さきほどJ-WIDを確認したところ、「アーティスト:初音ミク」は消え、「アーティスト:ika」となっていました。少なくとも初音ミクはこれでJASRACアーティストではなくなったわけですね。


JASRACに信託されてるという部分は代わるものではないですが、少なくてもIKA氏がハブられてるように見える部分は是正されたわけです。
初音ミクを現時点でアーティストにするのは大きな問題があると思います。この場合誰が彼女をプロモートするのかという問題です。
また、そんなことをすればユーザよりも上位の公式の初音ミクが生まれてしまうでしょう。
彼女はバーチャルインストゥルメンツであって、そことも重大な齟齬が発生します。上でネットの原理の話を出しましたが、なんにせよ正直で騙さないのが美しいのです。
その上でどんな夢を見ていようが誰から咎められる筋合いもないはずです。


関連サイト:
ドワンゴによる初音ミクオリジナル曲登録問題まとめ(β) - トップページ
うらなか.net - 初音ミク「みくみくにしてあげる♪」ドワンゴによるJASRAC登録申請&楽曲無許可着うた配信問題 まとめリンク(随時更新中)
スポンサーサイト

テーマ : 初音ミク ジャンル : 音楽

Edit  |  11:39  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

http://merbie.blog57.fc2.com/tb.php/318-488d4cdc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。