2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.11.09 (Fri)

オリジナル曲とカバー曲

*結論を追記しました

ニコニコでは「粉雪」に続いて「コンピューターおばあちゃん」とカバー曲が連続で上位にランクインしました。
このことについて思ったことを書いてみます。

ミクのオリジナル曲がしばらく全盛だった理由の一つにカバー曲と言うものの難しさがあると思います。
カバー曲は既存の曲なので作曲しなくて済むわけですが、打ち込み易さはともかくとして、もともとオリジナルのファンにはなかなか受け入れられない物なのです。
これはミクが歌うこととは関係ありません。オリジナルのファンというのは、オリジナルを可能な限りリスペクトしていることを望むからです。
誰でも思い入れがあればそうなるはずです。
そのため安易に打ち込んでもなかなか受け入れられないのです。
以前評価の高かった「奇跡の海」もオリジナルを忠実にリスペクトしていました。
粉雪」はオリジナルとは違って1オクターブ上を歌っていましたが、それはミクに苦しげに歌ってもらうためのもので、それ以外は結構忠実です。
「コンピュータおばあちゃん」も可能な限りリスペクトしています。とはいえオケがアレンジなので、アレンジ版の範疇としてですが、元がみんなのうたなので新解釈は許容される気がします。それでもこの歌が納得できるレベルにあるからこそです。

これらは、ミクの制御技術が非常に高いレベルに達したと言うことだと思います。
今後はテクニックやノウハウが公開されるといいなぁ。



追記:

「粉雪」のBinoP氏のブログをみるとあまり似せようとしていなかったことが書かれています。とはいうものの要所は押さえてると思うんですが。
原曲の重苦しいところとか小田版の軽々と歌ってしまうところとかは、ミクのイメージには合わないのは確かで、そうなるとここ2連続のカバー曲はそれなりにオリジナルを尊重しつつもミクに最適化された部分も受け入れられたということだったんですね。
スポンサーサイト

テーマ : 初音ミク ジャンル : 音楽

Edit  |  06:12  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

http://merbie.blog57.fc2.com/tb.php/186-c51c0e41

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。